廃業リストに戻る

金春
  (廃業しました)



住所港区白金1-26-16
最寄り駅営団・都営地下鉄白金高輪駅より徒歩3分
営業時間15:30〜23:30
定休日曜日







浴槽の種類

浴槽数2
浴槽配置関東式

普通高温水 檜 岩 軟水薬湯鉱物ラドボマ泡 電気座寝打湯立シ

広さ
湯温
気分
脱衣

湯質 重曹冷鉱泉
弱アルカリ性

カラン鉱泉

サウナなし




付帯項目

交通
販売
飲料
休憩

入り口ランドリー煙突縁側庭池破風2F体重
番台
×
×



港区は温泉の歴史がワリと古いけど、ここも例外にもれず伝統のある温泉です。ただし、温泉としての認可はとっていませんが、かえって温泉だってことで規制が増えたり税金が多くなったり、入浴客が増えるよりはこのままでいいと思います。入浴客は当然常連が多くて、本当に庶民的です。浴槽は、温泉が2つで泡風呂とジェットバス。お湯は、ph値が(体感で)ここで掲載した中では間違いなく1番高くて、入ったときの肌のヌルヌル度がかなるスゴイです。ここまでアルカリ性だと、石鹸で体をこすりすぎると完璧に肌の脂分が抜けちゃうので気をつけましょう。多分ph値は9.0以上はあるでしょうね。ってそこまでのphになるまで重炭酸そうだ(温泉成分の1つ)が入っていれば認可がなくても十分に温泉として認められそうな気がします・・・。そして、都内1番のアルカリ性のお湯の極め付けは、カランのお湯も水も、更にはシャワーまで豊富に使われているということです。

ところで、ここの伝統を感じるところは、至る所にハンパでなくすごい歴史的なものを見つけられる所でしょうか。体重計は必見です。浴室内の近所の広告入り贈呈時計もすごいし。脱衣所の天井も庭もすごいし。更にロッカーも木の扉で、脱衣篭も入っちゃう位大きいから、買い物帰りにでも寄れそうです。そして、1番の極め付けがトイレです。もっとも旧式の部類の水洗便器で、レリーフ入りの古い量水マスと、天井からぶら下がった水を流すヒモと、木の扉とカギ。ここまで古いのになると見たことがない人も多いでしょう。これらのレトロ感が、何となくひなびた昔ながらの温泉地の雰囲気を彷彿とさせるようです。

今でこそ、南北線が通ってすぐ駅のそばになっちゃったけど、それまでは電車が近いわけでもなく、目立つ場所でもなく、それこそ外から見ても温泉だってことは全く判らない。ず〜っと地元の人にだけ支えられてきた温泉なんでしょう。これからも大事にしていきたいって思った湯所でした。

ついでに、ここの名物(?)を紹介。なんと、飲み物の入っている販売用冷蔵庫(あの銭湯で牛乳とか売ってるのね)にビンのコカコーラ(190ml)が入っています。今となってはかなり貴重なアイテムです。しかもそれが70円で買えるっていうのだから・・・とりあえず1本いっとけ〜(笑)
雰囲気に浸りたいのならば、ここで紹介した中では最高ランクです。

オススメ度




廃業リストに戻る