メインに戻る

蛇骨湯
温泉名:蛇骨湯温泉



住所台東区浅草1-11-1
最寄り駅営団地下鉄田原町駅より徒歩5分
営業時間13:00〜24:00
定休日火曜日
Homepage http://www.jakotsuyu.co.jp/

茶色






浴槽の種類

浴槽数3
浴槽配置関東式と湯巡り式

普通高温水 檜 岩 軟水薬湯鉱物ラドボマ泡 電気座寝打湯立シ

広さ
湯温
気分
脱衣

湯質含メタ珪酸塩 Na-炭酸水素塩泉 Ph8.03
カラン温泉水

サウナ有料/300円乾式




付帯項目

交通
販売
飲料
休憩

入り口ランドリー煙突縁側庭池破風2F体重
フロント
×
×
×




浅草寺(雷門・三社祭で有名ね)の門前町にある温泉です。浴槽は、すべて温泉で、内風呂には電気風呂や泡風呂があり、さらには露天風呂までありかなり広いです。浴室は、ちょっと古めかしい感じもするけど、下町っぽくていいかも。カランのお湯も温泉なのは要チェック☆。ちなみに、露天風呂からは、滝と池が見えて縁側風になってるところが結構お気に入りです

実は、この蛇骨湯のある所は歓楽街で有名な浅草公園六区にあたる場所で、しかもその中でちょっと見つけにくい穴場的な所だったりします。若いヒトが行くのはかなり珍しいです。そのほか、背中に鮮やかな牡丹や龍をあしらってるお兄さんも多いのは浅草らしいところです(笑) まぁ、地元庶民のためのふれあい場なんでしょうね〜。露天風呂があること以外は、大きな特徴がないといえばそれまでですけど、温泉の雰囲気を味わうには十分すぎるでしょう。観光がてらに行ってみてはいかが?

ところでここだけの話ですが、この蛇骨湯のすぐそばを通る国際通りの地下で、常磐新線の駅の工事が行われています。掘削深度がかなり深いために、この蛇骨湯温泉の湧出が危ぶまれていたことがあったそうです。結局、地下水脈を避けれたのか、湧出深度よりも浅かったのかは知りませんが、影響がでないことになりました。
これと同境遇といえば、個人的に調べた範囲では、麻布十番〜白金高輪の南北線の沿線(ここも深深度地下鉄になります)あたりと、都営浅草線西馬込近辺。いずれも、完成して周囲の温泉湧出には影響がなかったらしいですが、ひょっとしたら近い将来・・・貴重な温泉の水脈が分断される日がくるかもしれません。営団地下鉄半蔵門線錦糸町付近、環七・環八の下を通ると計画されている地下鉄、「メトロセブン」と「エイトライナー」の蒲田・船堀付近、いずれもいい温泉の湧出する場所なだけにちょっと心配です。

ここ蛇骨湯のホームページがあります。なんと、大正時代に撮影された非常に貴重な写真(凌雲閣一二階と並ぶ旧蛇骨湯の煙突など)が見れます。

オススメ度





メインに戻る