廃業リストに戻る

五色湯
(2001年4月25日廃業)温泉名:五色湯温泉



住所港区新橋6-3-8
最寄り駅都営地下鉄三田線御成門駅より徒歩3分
営業時間15:00 - 22:00
定休日日曜日






浴槽の種類

浴槽数2
浴槽配置関東式

普通高温水 檜 岩 軟水薬湯鉱物ラドボマ泡 電気座寝打湯立シ

広さ
湯温
気分
脱衣

湯質 重炭酸そうだ/メタ珪酸
Ph8.0

カラン温泉水

サウナなし




付帯項目

交通
販売
飲料
なし
休憩

入り口ランドリー煙突縁側庭池破風2F体重
フロント
×
×
×
×




新橋からほど近く、ビルの谷間にひっそりとある温泉です。
その昔、名水が湧いたと言われる愛宕山から徒歩5分ということもあってか、とても肌触りのよい湯です。ふんわりと鉱泉水に独特の香りがただよって、飲むと甘露で程よいやわらかさがあり、湯質は文句なしです。
ぱっと見た感じ、ちょっと昔の普通の銭湯ですが、天井のちょっとモダンな日輪型のエンボス装飾や脱衣場にある飴色になった籐カゴの山は、古きよき時代を感じさせるものがあります。だからといって、浴室・浴槽の設備は古いというわけではなく、新旧取り混ぜていいバランスを保っています。
ところで、諸雑誌、諸サイトで掲載紹介されたりしながらも、残念ながら2001年4月25日で廃業ということになってしまいました。私達は、運良く廃業直前にこの情報をつかまえることが出来ました。本当は最終の25日、営業して何十年の感謝の気持ちを込めての無料入浴日に行きたかったのですが、平日で日程もあわないので、最後のチャンスの土曜日(21日)に入浴おさめに行ってきました。いつもはワリと静かでこじんまりとした浴場が、もうすぐ無くなるということで)入浴客でにぎわっていました。だけど、浴場の看板は取り外され、もう使われることのない余分なカゴなどはビニールのカバーがかぶせられて、あとは浴場としての役目を終えようとするだけというそこはかとない儚さは、やっぱりとても悲しいものです。
ただ次の世代、に温泉や銭湯という文化が、1つでも多く継承されていくことを切に祈るばかりです。
それも含めて、残念ながら惜しまれつつも廃業してしまたっということを皆様に知って頂ける様に、当分の間はここに「廃業」として掲載しておきたいと思います。

オススメ度


 

廃業リストに戻る