メインに戻る

大田黒湯温泉第二日の出
温泉名:蓮沼温泉



住所大田区西蒲田6-5-17
最寄り駅JR・東急蒲田駅より徒歩6分
営業時間16:00〜24:30
定休日曜日
ホームページ http://hinodeyu.net/


木酸水






浴槽の種類

浴槽数
浴槽配置関東式

普通高温水 檜 岩 軟水薬湯鉱物ラドボマ泡 電気座寝打湯立シ

広さ
湯温
気分
脱衣

湯質(Na-炭酸水素塩泉)
弱アルカリ性

カラン水道

サウナなし




付帯項目

交通
販売
飲料
休憩

入り口ランドリー煙突縁側庭池破風2F体重
フロント
×
×




ちょっと歴史を感じる、蓮沼の住宅街の中にある温泉です。まず、フロント付近と脱衣所、ここの天井〜内装を見ただけで、歴史が深いなぁってきっと感じるでしょう。なんせ、今の時代には絶対にないだろうって感じの様式の建築になっているのですから。

さて、肝心の浴室〜浴槽は、まぁ見た感じは普通に関東の銭湯ってところですが、決定的に違うのは温泉の浴槽。とにかく、ここも蒲田駅北西部の近辺の温泉の特徴である、極端に真っ黒なお湯ってことでしょうか。やや甘みのあるトップクラスの黒さで、やさしい肌触りの温泉はここならではって感じでしょうか。ちょっと、温泉浴槽が狭いのと、成分分析表の掲示がないのは残念ですが・・・。

そしてここの1番の特徴、1/2の確率で本格的な風情のある立派な露天風呂に入れます。1〜15日が女性で16〜月末が男性のほうが露天になりますので、もし露天風呂に入りたい方はそれを参考にして訪問してみてはいかがでしょう。ここの露天は温泉ではないけど、地下水を使用しているらしくとても肌にやさしく、何と行ってもすばらしい広い庭に面して作られている雰囲気のよさは、高級旅館も顔負けです。これが両方の浴室についていればカンペキなんですが・・・。

その他、湯上がりもなかなか充実していて、脱衣所から外に出ると広い庭に面した大きい縁側で涼んだり、フロント脇の2カ所ある休憩所でビールでも飲みながら一休み・・・いい感じです。そのビールも、キリンラガー・一番絞り、アサヒスーパードライ、サッポロ黒ラベル、バドワイザーと随分レパートリーも多くてなんともお父さんたちにはたまらなく魅惑でしょう。それとアイスクリームも有るのは銭湯っていうよりは、なんか本当に旅館かなんかのようです。

しかしまぁ・・・ちょいと見つけづらいのが難点です。よほど、この周辺の地理に詳しくなければ絶対に迷ってしまうような入り組んだ場所。う〜ん、穴場的でいいといえばいいんですけど・・・。蓮沼周辺で、もう2つ温泉があったのですが、1つは普通湯に変更、もう1つは廃業っていう感じで、「蓮沼温泉」って名乗れるのが一時的にここだけになってしまったというのが、なおさら不安感となってしまうのは私たちだけでしょうか。幸い、最近わりと近隣に「はすぬま温泉(旧・正和浴場)」と銘打った温泉銭湯が出来たので、ちょっとホッとしましたが・・・。


オススメ度


<入り口・露天風呂・脱衣所>

メインに戻る