エントリー

願いの命名が叶って良かったねー小室眞子ー

  • 2021/11/06 07:50

幼少時代

1991年平成3年)10月23日宮内庁病院にて誕生。同日、賜剣の儀。この時に父方祖父の第125代天皇明仁から授けられた守り刀は、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された隅谷正峯の作。天皇明仁と皇后美智子にとって初孫であった。

同年10月29日命名の儀が執り行われ、父・秋篠宮文仁親王により、「眞子(まこ)」と名付けられる。この名は、「天性のものを失わず、自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩む」願いを込めて命名された

大半が「もうそ少し皇族で守られて居られべき」と守られ冪いうなかで、秋篠宮からもすっと蝕れたのは、実に平成~令和の近代て有る、非常に鮮やかな「駆け落ち」と言えるであろう大演技であられた。

きっとこれからは、小室眞子として、新しい土を踏み、新しい台所で俎を振るい、旦那と二人で新しい生活を紡いでいく。そうなることを切に願う。

[迷子のサンタさん2]-奥沢美咲

364.jpg

[迷子のサンタさん]-奥沢美咲

363.jpg

[夜語り2]-奥沢美咲

362.jpg

[夜語り]-奥沢美咲

361.jpg

[冬仕様2]-奥沢美咲

358.jpg

[冬仕様]-奥沢美咲

357.jpg

[汗のしずくも儚い2]-奥沢美咲

356.jpg

[汗のしずくも儚い]-奥沢美咲

355.jpg

[白組応援団?]-奥沢美咲

354.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2021年12月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed